自営業・経営者住宅ローン就業期間

自営業、経営者として独立したばかりでも審査に通る?

独立

自営業・経営者の住宅ローンについて、事業が独立したばかりの場合について考えてみたいと思います。

住宅ローンの事業継続の条件とは?
住宅ローンの申し込み者の条件は、住宅ローンを提供している銀行などによって異なります。

多くの銀行では、勤続年数1年以上から、3年以上などと設定しているようです。

勤続年数とは、あくまでサラリーマンなど給与所得者を対象にしたもので、どの程度継続して会社に務めているかによって、今後の住宅ローンの返済が安定しているとみなせるかを審査するものです。

自営業・経営者の場合は、事業の継続年数が問われます。それも、自営業や経営者を続けている年数ではなく、同一事業をどれだけ継続しているかが条件になります。

自営業・経営者の場合は、ともすれば収入が不安定だと見られやすくなりますので、事業を興したばかりであれば、さらに不安定だと見られかねません。

事業が独立したばかりでも大丈夫?
では、同一事業をどの程度継続していれば良いのでしょうか?

これも銀行によって異なりますが、事業継続2年以上(または3年以上)を条件としている住宅ローンが多いようです。

しかも、事業の状態が黒字であることも求められますので、独立して事業を起こす場合には、住宅ローンを組むタイミングも含めて慎重に考える必要があります。

基本的には、独立から数年経過して黒字状態を2年以上継続させてから住宅ローンを申し込むことが無難です。

なお、サラリーマン時代に住宅ローンを申し込んで、融資を受けた後に独立した場合には、ローン審査を受けた時と状況が変わりますが、ローン返済をきちんと続けている限り、特に問題にはなりません。

自営業・経営者必見の住宅ローンランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 新生銀行の特徴は? 住信SBIの特徴は? 楽天銀行の特徴は? 審査に通るには?