自営業・経営者住宅ローン審査通らない理由

住宅ローン審査に通らない理由とは?

流れ

自営業・経営者の住宅ローンについて、ローン審査に合格しない場合にはどのような理由が考えられるのでしょうか?

住宅ローンに申し込み、ローン審査に合格しなかった場合は、なぜ不合格となったかを分析する必要があります。

審査側は不合格とした理由を開示してくれませんので、本人が自分で分析するしかありません。

不合格となる主な理由は大きく分けて、下記の4点だと思われます。

1.基本的な要件を満たしていない
例えば、年齢の条件や、併設する事務所スペースの条件など、商品説明書などに明記されている要件を満たしていないケースが考えられます。

2.年収・総返済負担率の条件を満たしていない
年収や総返済負担率が所定の基準に達していないことが考えられます。これらの条件については、商品説明書などに明記されている場合と明記されていない場合があります。明記されていない場合には、注意が必要です。また、カードローンやキャッシングローン、クレジットカードのキャッシング枠については、借りていなくてもカードをつくっているだけで、将来的なローン枠としてみられてしまいますので、総返済負担率に引っかかる可能性があります。

3.事業の継続性や所得の安定性に疑問がある
事業を興してあまり年数が経過していなかったり、年によって所得のバラつきが非常に大きかったりすると、継続性や安定性に疑問があるとして、ローン審査に不合格になる場合があります。

4.過去に金融事故を起こしている
以前に、ローン返済の延滞があったり、自己破産などを起こしたりしている場合には、金融事故の状況がブラックリストに載っています。その場合、ローン審査に合格することはほぼ不可能です。

自営業・経営者必見の住宅ローンランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 新生銀行の特徴は? 住信SBIの特徴は? 楽天銀行の特徴は? 審査に通るには?