自営業の住宅ローン審査は赤字でも通る?

自営業住宅ローン赤字でも審査通る?

赤字

自営業住宅ローン赤字申告でも審査に通るのでしょうか?自営業・経営者の住宅ローンについて、事業が赤字となっている場合について考えてみたいと思います。

住宅ローンの審査には、事業の経営状態も関係するの?
住宅ローンを申し込む際、様々な書類を提出する必要がありますが、申込者の収入を証明する書類が必要になります。

サラリーマンなどの給与所得者の場合には、源泉徴収票などを提出することが一般的です。

自営業者の場合には、源泉徴収は行われていないので、確定申告書や所得税納税証明書などによって、自分の収入を証明します。

また、自営業の人や経営者の場合には、本人の所得だけではなく、事業そのものの経営状態を証明する資料も提出しなければなりません。

例えば、法人決算報告書や法人税納税証明書などが相当します。従って、事業の経営状態も、住宅ローンの重要な審査項目の一つとなっています。

事業赤字があっても大丈夫?
自営業者や経営者は、事業を行って、その収支の中から自分自身の収入を得ます。

つまり、自分自身の収入を多くすれば、それだけ事業の支出が多くなります。

従って、住宅ローンで自分の年収が安定していることを証明するために、事業の経営状態に係わらず、自分の収入に回すことも考えられます。

そのような場合でも、事業の経営状態が良好であれば問題ありませんが、事業が赤字などに陥っている場合には、安定した収入とはみなされません。自営業住宅ローン赤字の場合には借り入れは厳しくなるのは当然のこととも言えます。

一般に、自営業者や経営者が住宅ローンを申し込む場合、直近2年分や3年分の法人決算報告書を提出しなければなりません。

その中で、赤字決算になっている年があると、ローン審査に合格することが難しくなります。

住宅ローンを申し込むことを想定して、赤字決算にならないような配慮が必要です。つまり自営業住宅ローン赤字の場合には見直しが必要となります。

自営業・経営者必見の住宅ローンランキング!

スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み

ホーム RSS購読 サイトマップ
自営業住宅ローン審査TOP 新生銀行の審査は? 住信SBIの審査は甘い? 楽天銀行のフラット35は? 審査に通るには?