自営業・経営者住宅ローン借金

住宅ローン審査は借金があっても大丈夫?

独立

自営業・経営者の住宅ローンについて、自分自身や事業に借金がある場合を考えてみたいと思います。

自分自身に借金がある場合は大丈夫?
住宅ローンの申込者が住宅ローン以外の借金がある場合、住宅ローン審査は大丈夫でしょうか?

住宅ローンを申し込む際、総返済負担率が重要視されます。

総返済負担率とは、申し込んでいる住宅ローンとその他の全てのローンを含めた1年間の総返済額が、年収に占める割合を指します。

例えば、フラット35では、総返済負担率が30%以下(年収が400万円未満の場合)や35%以下(年収が400万円以上の場合)などと設定されています。

銀行の住宅ローンの場合には、総返済負担率の制限は明記されていませんが、概ね同程度だと想定されます。

従って、自分自身に借金があったとしても、総返済負担率が所定の割合以下であれば、住宅ローン審査に合格することは可能だと思われます。

ただし、現在のローンがカーローンや教育ローンなど使用目的がはっきりしているローンではなく、カードローンやキャッシングローンなど、使用目的がはっきりしないローンの場合には、審査に不合格になるケースもありますので、ローン申し込み前に完済しておくことをおすすめします。

事業に借金がある場合は大丈夫?
では、自営業や経営者として行っている事業に借金がある場合はどうでしょうか? 

個人事業主の場合には、事業の借金といえども、本人の借金に変わりはないので、現在の借金と住宅ローンを加えた総返済負担率が大丈夫かを審査されることになります。

会社形態にしている場合は、事業での借り入れは個人の借金ではなく、会社の借金となります。

大規模な会社の場合、経営陣の個人の借金と会社の借金は別とみなされることが多いですが、規模が小さくなると話は別です。

一般に、経営者が会社の借金の連帯保証人となることが一般的なので、事業の借り入れも住宅ローン審査に影響することになります。

自営業・経営者必見の住宅ローンランキング!

スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 新生銀行の特徴は? 住信SBIの特徴は? 楽天銀行の特徴は? 審査に通るには?