自営業・経営者住宅ローン審査基準

自営業、経営者の住宅ローン審査に通るためには?

流れ

住宅ローンは多くの金融機関などが独自に適用しています。

一つの銀行でローン審査に合格しなかった場合でも、別の銀行ではOKとなる場合も考えられます。

しかし、ローン審査に通りやすくするためには、最初の銀行で不合格となった理由に対して何らかの対処をすべきです。

では、それぞれの要因に対して、どのように対処すればいいのでしょうか?

1.基本的な要件を満たしていない
基本的な要件を満たしていない場合には、話になりません。要件を満たす住宅ローンを選択する必要があります。

2.年収・総返済負担率の条件を満たしていない
年収の条件を満たしていない場合には、収入合算するなどの方法が考えられます。また、カードローンやキャッシングローンがある場合は、完済しておくことをおすすめします。さらに、カードローンやキャッシングローン、不要なクレジットカードについては事前に解約すべきです。

3.事業の継続性や所得の安定性に疑問がある
所得の安定性の条件を満たすためには、数年単位で計画を立てて、必要な経費や設備投資を適切な時期に行って、所得が極端に低い年を作らないようにすべきです。

4.過去に金融事故を起こしている
ブラックリストに載っている場合には、所定の年数が経過しないと、ブラックリストから消えることはありません。一般に、ローン延滞などの金融事故は5年程度、自己破産などの重大な金融事故は7〜10年程度すると、事故記録が抹消されるといわれています。

自営業・経営者必見の住宅ローンランキング!

スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 新生銀行の特徴は? 住信SBIの特徴は? 楽天銀行の特徴は? 審査に通るには?