自営業・経営者住宅ローン審査頭金

自営業・経営者の場合の頭金は?

赤字

自営業・経営者の住宅ローンについて、頭金はどの程度必要なのか考えてみたいと思います。

頭金は最低限どの程度必要?
一般的には、ローンによる融資を受ける場合、その金額に見合った担保を抵当に入れる必要があります。

住宅や土地を取得する場合、それらを担保に入れることにより、取得価格相当の抵当となります。

従って、多くの住宅ローンでは、取得価格の100%がローン金額の上限となっています。

一方、住宅を取得するためには、土地や住宅の代金・建築費以外にも、ローンを組むための諸費用や登記を行うための諸費用が必要となります。

従って、先ほどの取得価格の100%がローン金額の上限となっている場合は、最低限諸費用の金額を頭金として用意しなければなりません。

最近では、住宅取得に関する諸費用分も含めて、担保額よりも多い金額の融資を行う住宅ローンもあるようです。

また、フラット35では、建設費または購入価額の90%以内が融資の上限となっていますので、残りの10%と諸費用が頭金として必要です。

自営業・経営者の場合、頭金はどの程度必要?
自営業・経営者であっても、サラリーマンであっても、前述の最低限必要な頭金の額はかわりません。

しかし、自営業・経営者の場合は、取得金額の20%程度以上を頭金として準備することをおすすめします。

住宅ローン審査において、自営業・経営者の収入はサラリーマンなどに比べて、不安定だとみられる傾向にあります。

そのため、頭金が少ない場合、ローン審査に合格しない可能性が増えてしまいます。

頭金は、住宅ローンを組む前に、どの程度の安定した収入があったかを示す目安ともいえます。

20%程度の頭金を準備することによって、間接的に収入の安定性を主張することにも?がり、住宅ローン審査に通りやすくなります。

自営業・経営者必見の住宅ローンランキング!


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 新生銀行の特徴は? 住信SBIの特徴は? 楽天銀行の特徴は? 審査に通るには?