自営業・経営者の住宅ローン審査を通りやすくするには?

自営業、経営者の住宅ローン審査に通るために!

審査

自営業・経営者の住宅ローンについて、ローン審査に通りやすくするには、どのようにすればよいか考えてみたいと思います。

 

ローン審査に通りやすくするためには?

自営業・経営者の人が住宅ローン審査に通りやすくするためには、数年単位で計画を立てることが重要だと思います。

 

何年後に、どの程度の借り入れを行って住宅を取得するかを予め計画するわけです。

 

ローン申請以前の2年間の収入や事業状況が問われることになりますので、事業にかける経費や投資などを計画的に行うことによって、2年間の収入や事業収支が極端に悪くなる事態を回避する必要があります。

 

また、住宅ローン審査に通りやすくする効果的な方法として、頭金を多く拠出することが挙げられます。

 

頭金を多く出すことにより、それまでの事業において頭金を貯めるだけの余裕があったことが示せます。

 

ローン審査を行う側の心象がかなり良くなる効果が期待できます。

 

ローン審査に通りやすくするために、やってはならないことには?

ローン審査の心象を良くしようと、申告する所得を故意に操作することは、基本的には行ってはいけません。

 

所得を多く申告するには、収入を多くするか、経費を少なくするかのいずれかになります。

 

基本的に収入や経費は正しく申告しなければなりません。

 

住宅ローンに通りやすくするために、収入を多く申告したり、経費を少なく申告したりすると、粉飾決算といえます。

 

逆に、今までの確定申告が、故意に経費を多く申告していた場合には、脱税だとみなされます。

自営業・経営者必見の住宅ローンランキング!

サムネイル
  • 申込みから契約までネットで完結
  • 固定も変動も魅力的な低金利
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がん診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 色々お得な6つの「0円」
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 三菱UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
矢印 申し込み


サムネイル
  • 年収100万円以上・安定収入あること
  • 事業開始3年を経過していること
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 変動金利は0.57%その後1.8%引き
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 繰り上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35は独自の審査基準で有利
  • フラット35で最低水準の金利と手数料
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 返済口座指定で事務手数料が1.08%に
  • 繰り上げ返済はネット利用で10万円から
  • 団信保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 安定かつ継続した収入のあること
  • 最安水準の金利で顧客満足度指数1位
  • 保証料・繰り上げ返済手数料も無料
  • 申し込みから借り入れまで来店不要
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • コンビニATMの手数料月5回まで無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


自営業・経営者の住宅ローン審査を通りやすくするには?【年収・収入基準】記事一覧

自営業・経営者の住宅ローンについて、住宅ローン審査の流れをご紹介します。どのような流れで審査されるの?住宅ローンの審査の流れは、新築か中古か、新たに建築するか既にあるものを購入するか、などでやや変わりますが、概ね以下のようになっています。住宅取得にかける費用や用意する頭金の額など、大まかな資金計画を立てる購入する土地や建物の購入金額、建築予定の建物の建築費用の見積もりをとる住宅ローンの予備審査を申...

自営業・経営者の住宅ローンについて、ローン審査に合格しない場合にはどのような理由が考えられるのでしょうか?住宅ローンに申し込み、ローン審査に合格しなかった場合は、なぜ不合格となったかを分析する必要があります。審査側は不合格とした理由を開示してくれませんので、本人が自分で分析するしかありません。不合格となる主な理由は大きく分けて、下記の4点だと思われます。1.基本的な要件を満たしていない例えば、年齢...

住宅ローンは多くの金融機関などが独自に適用しています。一つの銀行でローン審査に合格しなかった場合でも、別の銀行ではOKとなる場合も考えられます。しかし、ローン審査に通りやすくするためには、最初の銀行で不合格となった理由に対して何らかの対処をすべきです。では、それぞれの要因に対して、どのように対処すればいいのでしょうか?1.基本的な要件を満たしていない基本的な要件を満たしていない場合には、話になりま...

自営業住宅ローン赤字申告でも審査に通るのでしょうか?自営業・経営者の住宅ローンについて、事業が赤字となっている場合について考えてみたいと思います。住宅ローンの審査には、事業の経営状態も関係するの?住宅ローンを申し込む際、様々な書類を提出する必要がありますが、申込者の収入を証明する書類が必要になります。サラリーマンなどの給与所得者の場合には、源泉徴収票などを提出することが一般的です。自営業者の場合に...

自営業・経営者の住宅ローンについて、頭金はどの程度必要なのか考えてみたいと思います。頭金は最低限どの程度必要?一般的には、ローンによる融資を受ける場合、その金額に見合った担保を抵当に入れる必要があります。住宅や土地を取得する場合、それらを担保に入れることにより、取得価格相当の抵当となります。従って、多くの住宅ローンでは、取得価格の100%がローン金額の上限となっています。一方、住宅を取得するために...

自営業・経営者の住宅ローンについて、事業が独立したばかりの場合について考えてみたいと思います。住宅ローンの事業継続の条件とは?住宅ローンの申し込み者の条件は、住宅ローンを提供している銀行などによって異なります。多くの銀行では、勤続年数1年以上から、3年以上などと設定しているようです。勤続年数とは、あくまでサラリーマンなど給与所得者を対象にしたもので、どの程度継続して会社に務めているかによって、今後...

自営業・経営者の住宅ローンについて、自分自身や事業に借金がある場合を考えてみたいと思います。自分自身に借金がある場合は大丈夫?住宅ローンの申込者が住宅ローン以外の借金がある場合、住宅ローン審査は大丈夫でしょうか?住宅ローンを申し込む際、総返済負担率が重要視されます。総返済負担率とは、申し込んでいる住宅ローンとその他の全てのローンを含めた1年間の総返済額が、年収に占める割合を指します。例えば、フラッ...