自営業の住宅ローン審査は白色申告でも通る?

自営業で白色申告でも住宅ローンは大丈夫?

所得

自営業・経営者の住宅ローンについて、青色申告と白色申告で差があるのか考えてみたいと思います。

青色申告・白色申告とは?
自営業の人は、住宅ローンで所得を証明する際、確定申告書や納税証明書などを提出します。

所得は、確定申告によって確定されます。

確定申告には、青色申告と白色申告の2種類があります。それぞれ、どのような違いがあるのでしょうか?

自営業の人が確定申告を行う際、白色申告の場合には収支内訳書を作成するだけでよく、比較的簡単な作業で確定申告が完了します。

一方、青色申告は、複式簿記によって帳簿を管理したり、決算書や貸借対照表を作成したりと、白色申告に比べてかなり複雑な作業を行わなければなりません。

青色申告によって確定申告をした場合、白色申告にはないメリットがあります。

まず、青色申告特別控除として、65万円が控除されます。

また、年間収支が赤字になった場合、赤字でも申告を行うことによって、その後3年間の間は、黒字から申告した赤字を差し引くことができます。

税務署でも、青色申告を推奨しています。

白色申告でも住宅ローン審査は大丈夫?
では、住宅ローン審査の場合はどうでしょうか?

青色申告の方が厳密な帳簿管理で、白色申告はどちらかというと大雑把な管理といえますので、銀行側は青色申告の方を好むという傾向はあるようです。

しかし、白色申告であれば、住宅ローン審査に合格しないというわけではありません。

基本的には、白色申告でも、きっちりと安定した収入があれば、問題はありません。

自営業・経営者必見の住宅ローンランキング!

スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み

ホーム RSS購読 サイトマップ
自営業住宅ローン審査TOP 新生銀行の審査は? 住信SBIの審査は甘い? 楽天銀行のフラット35は? 審査に通るには?