自営業・経営者住宅ローンの所得合算とは?

自営業・経営者住宅ローン審査の所得合算とは?

所得

自営業・経営者の住宅ローンについて、所得合算とはどのようなもので、どう行うべきか考えてみたいと思います。

所得合算とは?
所得合算とは、住宅ローンを申し込んだ人の所得だけでは融資が認められない場合などに、申込者と親族の所得も合わせて、2人で住宅ローンを申し込むことを指します。

所得合算をするペアは、配偶者・親・子などの直系親族が一般的で、兄弟などの傍系親族は認められません。

一口に、収入合算といっても、合算者が「連帯債務者」になる場合と「連帯保証人」になる場合の2通りがあります。

連帯債務者となる場合、合算者はローン申込者と同様の債務を負います。

夫婦で3000万円のローンを組んだ場合、夫婦ふたりとも3000万円の返済義務があります。

トータルで6000万円支払うということではありません。予め負担率を決めて、夫婦で協力して3000万円の返済ができればOKです。

この場合、夫婦2人とも住宅ローン控除を受けることができます。

連帯保証人になる場合には、ローン申込者のローン返済が滞った場合にのみ、合算者に支払い責任が生じます。住宅ローン控除は、ローン申込者本人しか受けることはできません。

自営業・経営者の場合、所得合算は行うべき?
では、自営業・経営者の場合はどうでしょうか?

ローン申し込み者本人の所得が安定していなかったとしても、所得合算をすることによって、所得が安定する傾向になるのであれば、住宅ローン審査に通りやすくなることも十分考えられます。

ただし、所得合算を行うことによって、負担率に応じて住居を共有名義にする必要があります。"

自営業・経営者必見の住宅ローンランキング!

スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み

ホーム RSS購読 サイトマップ
自営業住宅ローン審査TOP 新生銀行の審査は? 住信SBIの審査は甘い? 楽天銀行のフラット35は? 審査に通るには?