自営業・経営者の住宅ローンの繰り上げ返済は?

自営業、経営者の場合の繰り上げ返済とは?

繰り上げ返済

自営業・経営者の住宅ローンについて、繰り上げ返済とはどのようなもので、どう行うべきか考えてみたいと思います。

繰り上げ返済とは?
繰り上げ返済とは、月々の返済や年2回のボーナス時加算以外に、ローンの返済を行うことを指します。

月々の返済などは、元本の返済と利子の支払いの2種類が含まれています。

特に、住宅ローン返済当初は、利子の支払いの割合が相対的に高く、返済を行ってもなかなか元本が減らない傾向にありますが、繰り上げ返済の場合には、すべての金額が元本の返済にあてられますので、効率的に元本を減らすことができます。

また、繰り上げ返済した元本にかかるはずだった利子も支払う必要がありませんので、総支払額を効果的に減らすことができます。

繰り上げ返済には、返済期間短縮型と支払金額軽減型の2種類があります。

返済期間短縮型では、繰り上げ返済後の支払額は変えずに、返済する期間を短縮します。

逆に、支払金額軽減型では、返済期間は変えずに、繰り上げ返済後の支払額を下げることができます。

自営業・経営者は繰り上げ返済を行うべき?
自営業や経営者の所得は比較的不安定だといわれています。所得が少なくなる場合もあれば、所得が多くなることもあるわけです。

自営業や経営者の人が住宅ローンを組む場合は、想定される所得が少ない状態でも可能な程度の住宅ローンの支払額を設定することによって、ローン返済が破綻するリスクを減らし、多くの所得が入った場合には積極的に繰り上げ返済を行って総支払額を減らす、という方法がおすすめです。

自営業・経営者必見の住宅ローンランキング!

スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み

ホーム RSS購読 サイトマップ
自営業住宅ローン審査TOP 新生銀行の審査は? 住信SBIの審査は甘い? 楽天銀行のフラット35は? 審査に通るには?