自営業の住宅ローンの金利タイプおすすめは?

自営業・経営者におすすめの金利タイプは?

限度額

自営業・経営者の住宅ローンについて、どのような金利タイプにするべきか考えてみたいと思います。

金利タイプとは?
金利タイプには、大きく分けて、変動金利型、固定金利型、長期(全期間)固定金利型の3種類があります。

変動金利型は、景気や経済の動向に応じて、年2回の頻度で住宅ローン金利が変わります。

月々の支払額は5年に1回の頻度で見直され、それまでの金利の変動は、月々の支払額の中の元本返済と利息支払いの比率を調整することによって吸収されます。

変動金利期間中には、いつでも固定金利型へ移行できるタイプの住宅ローンが一般的です。

固定金利型は、2年・3年・5年・10年などと、期間を区切って、その期間の金利を景気や経済の動向によらず一定にするものです。

固定金利期間が終了すると、改めて固定金利型にするか、変動金利型とするかを選びます。

長期(全期間)固定金利型では、住宅ローンの融資を受けた時点で金利を設定し、返済期間中の金利が変わらないタイプです。

返済期間中に、他の金利タイプへ移行することはできません。

どの金利タイプを選択するべき?
では、どの金利タイプを選択するべきなのでしょう?

一般に、ある時点の住宅ローン金利は、変動金利型が最も低く、固定金利期間が長くなるほど高くなる傾向にあります。従って、大幅な金利上昇がなければ、変動金利型を選択することが最も支払い利息の総額を減らすことができます。

どの金利タイプにするか迷った場合には、変動金利型を選択することをおすすめします。

一方、住宅ローン返済期間中に、大幅な金利上昇があった場合には、長期(全期間)固定金利型の方が得だったということもありえます。

また、長期固定金利型は、ローン返済期間中に支払額が増えるということがありませんので、長期的な計画を立てやすいというメリットがあります。

自営業・経営者必見の住宅ローンランキング!

スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み

ホーム RSS購読 サイトマップ
自営業住宅ローン審査TOP 新生銀行の審査は? 住信SBIの審査は甘い? 楽天銀行のフラット35は? 審査に通るには?