自営業の住宅ローン審査対策で所得を多く申告するべき?

所得は多く申告したほうがいい?

申告

自営業・自営業・経営者の住宅ローンについて、所得が多くなるように申告すべきかを考えてみたいと思います。

自営業の所得とは?
住宅ローンの審査では、これから長期に渡って続くローン返済期間中、申込者が安定した収入を継続して得られると思われるかどうかが、重要なポイントの一つになっています。

そのため、申込者の年収が住宅ローンの審査項目の一つになっています。

では、年収とはどの金額を指すのでしょうか?

サラリーマンの場合は、一般的に税込み年収を指します。源泉徴収票に記載されている「支払金額」が、税込み年収に相当します。

自営業者の場合には、対象となる年収は、確定申告書の所得金額の合計(確定申告書第1表の9番の項目)を指すことが一般的です。

所得金額とは、収入から必要経費を引いたものになります。

所得が多くなるように申告すべき?
自営業者が確定申告をする場合、主に節税を目的として、なるべく多くの経費を事業に必要だと認めてもらって、所得を少なくすることがよくあります。

一方、住宅ローンの審査に通りやすくするには、安定した収入であることを主張する必要ありますので、所得が少なくては困ります。

しかし、所得を故意に多く申告することは、法律に触れる行為であり、決して行うべきではありません。

法律に触れない範囲で考えるとすれば、数年単位で経費と所得のバランスをとることが重要だと思われます。

例えば、必要な経費のうち、来年回しにできるものは、実際に経費を来年にかけることよって、その年の経費を調整するなどが考えられます。

自営業・経営者必見の住宅ローンランキング!

スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み
スペック
矢印
申し込み

ホーム RSS購読 サイトマップ
自営業住宅ローン審査TOP 新生銀行の審査は? 住信SBIの審査は甘い? 楽天銀行のフラット35は? 審査に通るには?