自営業の住宅ローン審査は厳しい?

自営業の住宅ローン審査は厳しい?

口コミイメージ

住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。

 

自営業の住宅ローンの金利をわけると固定金利と変動金利の2種類があります。

 

あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行の方に、おすすめですよ。

 

などと言われる事はありません。

 

基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。

 

また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。

 

といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。

 

どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

 

自営業の住宅ローンを長年組んでいると、多額の現金を手に入れる事もあるかと思います。

 

その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。

 

繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。

 

繰り上げ返済をすると、ローン元金を減らす事が出来ますので、返済金そのものを減らす事ができます。

 

借入額が減れば、月々の返済額も減る。

 

という事になります。

 

繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。

 

住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。

 

それは団体信用生命保険という名前の保険です。

 

この保険の詳しい内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローンが無くなる。

 

という内容の保険です。

 

これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。

 

どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。

 

自分で保証料を払う必要がないので、安心して住宅を購入する事ができます。

 

将来、自営業の住宅ローンを考えているけど高額なために利子が少しでも安い店で申請したいと思うでしょう。

 

そこで今回は、安い価格でサービスも充実している是非、利用して頂きたい銀行を紹介したいと思います。

 

お得な情報が満載の『イオン銀行』がとても人気です。

 

どこよりも金利の安さが他の商品を上回り、それにローン契約をしている方の特典としてイオンでの買い物が、何%か値引きされるサービスをご利用頂けます。

 

賞与が入った時の繰上げ返済の手数料も0円です。

 

気になる銀行があれば、比較してみましょう。

 

今後、マイホームの購入などで自営業の住宅ローンを検討している方はボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。

 

大きなお金が入った時にまとめて返す事が出来れば、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。

 

ただ今の世の中は、ボーナスが確実に出ない会社も多数あり景気によって金額が変わることも有り得ます。

 

実はそのような理由の為にボーナスの返済を利用している人は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

 

色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい方は、銀行によって可能な任意返済も視野に入れてみましょう。

 

住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。

 

自営業の住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても厳しく行われます。

 

審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。

 

結果は電話か口頭で伝えられます。

 

審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。

 

見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。

 

契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。

 

諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。

 

たいていの場合、数十万~数百万単位の金額が指示される様です。

 

将来、家族と一緒に住むためのマイホームを検討している方で親戚や家族にお金をももらって支払いに充てていく方は、贈与税について少し勉強しておくと良いでしょう。

 

親などから貰うお金が高額の場合にかかる税金で、例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、10%の税金を支払わなければなりません。

 

この金額を超えなければ、税金を支払わなくて良いのです。

 

この他にも受ける年齢や値段によって細かな規定があるので、滞りなく返済を済ませるためにいくつかケースを考えましょう。

 

他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。

 

住宅を購入するという事は誰でも憧れる事ですよね。

 

ですが、住宅を購入する際には必ず自営業の住宅ローンの審査が必要です。

 

家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。

 

ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。

 

自営業の住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。

 

最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。

 

審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。

 

自営業の住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。

 

と言われています。

 

ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。