自営業の住宅ローン審査が甘い銀行は?

自営業の住宅ローン審査が甘い銀行は?【基準通りやすい】

見出し
自営業向け住宅ローン審査基準で最も重視されるのは長期間にわたって返済を続けることができる信用と安定性があること!自営業や会社経営者の方の場合にはどうしても継続性と安定性という点で審査が厳しく見られることが多くなります。常に問題になる収入・所得はひとつの目安として過去3年間しっかりと基準を満たしておくことが重要です。当サイトではこのほかにも自営・経営者が住宅ローン審査に通るためのコツや、甘い銀行比較など、あなたに絶対役立つ情報をご紹介していきます。

自営業・経営者向け住宅ローンランキング!2017年12月更新

サムネイル
  • 申込みから契約までネットで完結
  • 固定も変動も魅力的な低金利
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がん診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 色々お得な6つの「0円」
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
矢印 申し込み


サムネイル
  • 安定かつ継続した収入のあること
  • 最安水準の金利で顧客満足度指数1位
  • 保証料・繰り上げ返済手数料も無料
  • 申し込みから借り入れまで来店不要
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • コンビニATMの手数料月5回まで無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35は独自の審査基準で有利
  • フラット35で最低水準の金利と手数料
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 返済口座指定で事務手数料が1.08%に
  • 繰り上げ返済はネット利用で10万円から
  • 団信保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 年収100万円以上・安定収入あること
  • 事業開始3年を経過していること
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 変動金利は0.57%その後1.8%引き
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 繰り上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保険料は本人負担
矢印 申し込み


自営業住宅ローン審査の重要項目は?【基準厳しい?】

項目

自営業・経営者の住宅ローンについて、住宅ローン審査で重要視される項目をご紹介します。

どのような項目が重要なの?
住宅ローンの審査では、ローン申し込みに対して合格か不合格かの結果を知ることはできますが、どのような審査が行われているか、どの銀行がどのような項目を重視しているかなどは具体的には公表されていません。

全体的な傾向として、どのような項目が重要視されているのでしょうか?

国土交通省では、毎年「民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」を取りまとめていて、銀行や信用金庫など住宅ローンを提供する側へのアンケート結果を公表しています。

報告書に記載されている住宅ローン審査において考慮する項目を、回答の多かった順に並べてみると、以下のようになっています。

  1. 完済時年齢
  2. 借入時年齢
  3. 返済負担率
  4. 勤続年数
  5. 年収
  6. 担保評価
  7. 健康状態
  8. 融資可能額(融資率)
  9. 金融機関の営業エリア
  10. 連帯保証
  11. カードローン等の他の債務の状況や返済履歴
  12. 雇用形態

自営業・経営者でも大丈夫?
前述の調査結果によると、住宅ローン審査で最も重視される項目は年齢です。

これは、自営業者や経営者は、サラリーマンでも関係ないといえます。

自営業者や経営者は、サラリーマンなどに比べて収入が安定していないとみられるケースがあります。

前述の調査結果のうち、収入や仕事に関するものは、返済負担率(3位)、勤続年数(4位)、年収(5位)となっています。

これらは、年齢程ではないけれども重要な審査項目だといえますので、自営業者や経営者の人が住宅ローンを申し込む際には、これらの項目がどう評価されるか、ということを意識しておく必要があります。

自営業向けおすすめ住宅ローンとは?

自営向け

自営業住宅ローンについて調べる中でおすすめ住宅ローンとはどのようなものでしょうか?

自営業おすすめ銀行は?
住宅ローンを提供している最も一般的な金融機関は銀行です。銀行では、個別の住宅ローンを提供しています。

融資を行うかどうかは住宅ローン審査によって決定され、どの項目をどのように審査しているかは不明ですが、銀行によっては細かい条件を明記しています。このわかりにくい基準によって住宅ローン審査甘いとか厳しいということがいわれるのです。

ただこれはあくまでも結果論でしかないのはわかっていただけると思います。特に何も考えずにフラット35審査に申し込んで借りることができた人にとっては、あの銀行の住宅ローン審査は甘いとなりますし、逆に、借入れを減らすなどの対策をして申し込んだのに審査落ちしてしまえばあの銀行は厳しいとか通りにくいという評価になっていますのです。

言ってみれば自営業住宅ローン審査が緩いとか通りやすい、通りにくいというのは人によって違うということにもなるのです。

ですから、自営業者として生計をたてて暮らしている方はまず基本的な審査基準を通ることだけを考え、確定申告た借り入れ金の返済を行い、準備ができたら申し込みをする。このスタンスを取ることができれば後は結果を待つだけ、それほど問題はないということもできるのです。

例えば、新生銀行では「自営業の方は、2年平均300万円以上の所得を有すること」、楽天銀行では「前年の申告所得が、申込人と連帯債務者合算で400万円以上であること。総返済負担率が30%〜35%以下であること」などという具合です。

ともすれば、自営業や個人事業主、経営者の場合には、住宅ローン審査厳しいといわれていますので、年収などの条件が予めクリアできていることが確認できる、上記のような条件を明示している銀行を選択することがおすすめになります。

自営業住宅ローンはフラット35がおすすめ?
自営業住宅ローンを借りる場合、まずは主な取引先となっている銀行の利用を考えるのが一般的かもしれません。これまでの付き合いもありますし、これからの事業計画や借入金などのことを考えればそれも当然です。

例えば、日頃から付き合いのある信用金庫や労働金庫、農業に従事されているであればJAなどが選択肢になると思われます。

事業に近い金融機関では、住宅ローン金利が優遇されるなど、独自のサービスを受けることができるケースもあります。そこで問題なく借りることができればそれでOKなのですが、住宅ローン審査通りやすいとされている地場の信用金庫や地方銀行の場合には審査の甘さに反して借り入れ条件があまりよくないことがあるので注意が必要です。

審査が通りやすいからとか、日ごろの付き合いがあるからといって金利が高かったり、条件の悪い住宅ローンを無理に借りる必要はありません。結局のところ長期にわたって借り入れ返済を行うものですから、しっかりと条件のよい銀行から借りるのがまずは大切なのです。

そういった意味で住宅金融支援機構が提供しているフラット35を利用するという方法も考えられます。

住宅ローン審査は独立行政法人である住宅金融支援機構が行います。

一般的な銀行の住宅ローン審査に比べて、自営業や経営者でも比較的合格しやすいという傾向があるようです。

またネット銀行を含め非常に多くの銀行、金融機関が提供している住宅ローンでもありますから選択肢も広く、より条件のよいフラット35を提供している銀行を選ぶことも可能になるのです。

自営業は住宅ローン審査が厳しいって本当?

マイホーム

本サイトでは、自営業や個人事業主の人が住宅ローンを組む場合の注意点や、おすすめの住宅ローンなどをご紹介します。

自営業や経営者とは?
自営業や経営者は、住宅ローンを組む際に、「サラリーマンなどの給与所得者と比べて取扱が違う」とか、「ローン審査に合格しにくい」、などといわれることがあります。

自営業者は、個人事業主とも呼ばれます。基本的には、法人などの組織に属しておらず、個人で事業を行っている人を指します。

いわゆるフリーランスで働いている人や、個人商店、個人農業、個人タクシーなど、多くの職業の人が自営業者となります。

一方、経営者は、法人を経営している人を指します。家族のみで仕事をしている場合や、極端な場合一人で仕事をしている場合でも、その事業を法人として届けていれば、経営者ということになります。

自営業や経営者とサラリーマンはどう違うの?
では、自営業の人や経営者は、住宅ローンを契約しにくいのでしょうか?

一般的には、住宅ローンの申し込みにあたって、安定した収入があることが求められます。住宅ローンの返済は最長35年(それ以上が可能な場合もあります)など、非常に長期間になります。

安定した収入がないと、長期間にわたって住宅ローンの返済を続けることは難しいとみられてしまいます。

公務員は安定した職業の代表例と思われます。いわば国家や都道府県などが雇い主になっているため、景気が悪いからといって、収入が極端に下るということはありません。

サラリーマンの場合は、毎月1回の月給と年2回のボーナスの支給を受けることが一般的です。

ボーナスについては、会社の業績などに左右される場合がありますが、月給については、さほど景気の影響を受けないケースが多く、比較的安定しているとみなされます。

一方、自営業の場合はどうでしょうか?

事業の内容などにもよりますが、事業がうまくいくと多くの収入を得られる反面、事業がつまずくと収入が極端に減る場合があります。

つまり、事業の波や景気などによって収入が変動し、安定的ではない場合もあります。

住宅ローン返済の観点からは、事業がうまくいかなくなったからといって、返済を遅らせることは一般にはできません。

銀行などのローン提供者からみると、安定した回収ができないリスクを考える必要があるというわけです。

経営者は、平たく言うと会社社長(もしくは会社役員)となり、社会的にも信頼を得やすい肩書だといえます。

では、住宅ローンの場合には、経営者は有利になるのでしょうか?

経営者であっても、会社の形態によっては、会社の業績が悪いと収入が激減するケースも考えられます。

また、会社の負債の返済責任を負わされる場合もあり、収入は安定的ではないとみなされる場合があります。

自営業や経営者の住宅ローンは契約しにくいの?
では、実際に、自営業者や経営者は住宅ローンに契約しにくいのでしょうか?

住宅ローンを申し込む際には、年収を証明する資料を提出する必要があります。サラリーマンなどの場合には、直近の源泉徴収票などを提出すればOKですが、自営業者の場合には、複数年の年収証明資料の提出を求められることも珍しくありません。

従って、複数年にわたって年収が安定していると認められないと、住宅ローン審査に合格しない場合もあり、サラリーマンに比べると、ややハードルが高くなる面があります。

また、銀行によっては、自営業者の場合には、サラリーマンなどの勤続年数に比べて、長い営業年数が求められることがあります。

しかし、基本的には、収入が安定していることを証明できれば、自営業の人も経営者でも、住宅ローン審査に合格することは、さほど難しくありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ
自営業住宅ローン審査TOP 新生銀行の審査は? 住信SBIの審査は甘い? 楽天銀行のフラット35は? 審査に通るには?